【無料会計ソフト】簿記の初心者にはオススメできない理由【個人事業主・フリーランス】

アイキャッチ画像

個人事業主・フリーランスとして活動していると、確定申告のために帳簿付けが必要となってきます。そんなときに便利なのが会計ソフトです。とはいえ、有料会計ソフトの導入にためらいがあり、無料で使えるものはないかとお探しの方も多いと思います。

無料で利用できる会計ソフトはありますが、簿記に関する知識があまりない初心者の方にはオススメできません。無料にこだわってしまうと、確定申告の準備が不十分になったり、有料会計ソフトへの乗り換えが必要となってしまう恐れがあるからです。

  • 無料会計ソフトをオススメできない理由
  • 会計ソフトの選び方

本記事では、以上2つについて説明していきます。

目次

初心者にオススメできない理由

銀行口座やクレジットカードの自動仕訳機能がない・制限がある

会計ソフトを使う上で必須ともいえる、自動仕訳機能がなかったり、制限がかかっていたりします。

自動仕訳機能とは、銀行口座やクレジットカード、その他ネットサービスと連携することで、利用履歴を自動で取り込んで仕訳する機能のことです。

自動仕訳機能がないと、ご自身で1つずつ仕訳登録していくことになります。もちろん、決められた規則に従って入力していくことになりますから、会計ソフトを使わないで帳簿付けするよりは簡単にできます。

領収書などを確認しながら1つずつ入力しますので、それだけ作業の手間が発生しますし、手入力による人的ミスが起こる可能性もあるのです。

簿記に関する十分な知識がないと利用が難しい

自動仕訳機能がないことも関係しますが、最低限の帳簿付けを想定したシステムとなっていることから、そもそも簿記に関する知識がないと利用することが難しくなっています。

発生した取引に対して、どんな仕訳となるのかを理解していなければいけません。例えば、売上や経費の計上方法、光熱費などの家事按分、事業主貸借。さらに青色申告なら、複式簿記での記帳が必要となりますから、単式簿記と複式簿記の違いといったことです。

このあたりのことが理解できていなければ利用は難しいでしょう。

青色申告、確定申告機能がない・制限がある

ここでいう青色申告・確定申告機能とは、会計ソフト上で確定申告に関する書類を作成したり、電子申告により確定申告を完了させる機能のことです。

そもそも確定申告には、紙による提出と電子申告によりインターネット上から提出する方法があります。これには、決められた書式に沿って書類を作成・印刷したり、電子申告用のファイルを作成して提出することになります。

会計ソフトに青色申告・確定申告機能があれば、簡単な操作で自動的に必要なものを作成しもらえるわけです。反対に、青色申告、確定申告機能がないと、ご自身で必要なものをどうやって作成すれば良いかを理解しなければいけません。

特に初めて確定申告をする方にとって、青色申告・確定申告機能も必須と言えます。

無料利用できる会計ソフト

MFクラウド確定申告

個人向けのクラウド会計ソフトで、月額880円(税込み)~利用可能なので、無料プランから有料プランへの乗り換えがしやすいことが特徴です。

  • 登録件数の制限
  • 青色申告・確定申告機能が使えない

無料プランでは、以上のような制限があるので、無料プランのまま利用し続けることは難しいでしょう。とはいえ、取引が少なかったり、確定申告まで期間があるなら十分に利用可能です。

また、帳簿付けや確定申告以外にも、経理に関するサービスを他にも提供しており、各サービスを連携できるようにもなっています。経理に関する管理をひとまとめに出来る点もメリットです。

MFクラウド確定申告」は、有料会計ソフトの中では月額880円(税込み)~と低価格なので、まずは無料プランから利用して有料プランへ乗り換えるのも一つの手です。

無料プランで利用できる機能は、公式サイトの以下のリンクに記載があります。

円簿青色申告

個人事業・中小企業向けのクラウド会計ソフトです。

有料プランは存在せず、無料で全ての機能が利用できることが特徴です。無料で利用できるのは、サイト内の広告収入で運営しているためです。

青色申告機能もあるため、個人事業向けの会計ソフトと言えます。ただし、他の会計ソフトと比較すると、自動仕訳機能をはじめ、便利機能が少なく、入力に手間がかかります。

円簿青色申告」は、完全無料で利用できるものの、自動仕訳などの便利機能がないので、初心者にはあまり向いていません。

フリーウェイ経理Lite

個人事業よりも企業向けのパッケージ会計ソフトです。また、パッケージといってもインターネット接続が必要です。

個人事業で利用する場合、無料プランでも最低限の機能はあります。しかし、自動仕訳機能をはじめ、便利機能が制限により使えず、青色申告・確定申告機能もありません。

かといって、有料プランは月額3,300円(税込み)となっているため、個人利用には厳しい料金設定となっています。

以上のことから、フリーウェイ経理Lite」は、中小企業向けであり、個人事業主にはあまり向いていません。

簿記の知識がないなら、有料会計ソフトを利用した方が良い

簿記に関する知識があったり、確定申告の経験がある方なら、無料会計ソフトでも十分に利用可能でしょう。ですが、初心者の方は、そもそも何が必要か分からないということもあると思います。

そうしたときに、有料会計ソフトの方が、自動化できることが多くなりますし、確定申告の準備も簡単な操作で完了します。

また、デジタル化が推進されていることから、領収書や取引に関する書類を電子データとして保存する義務が増えてくることが予想されます。電子データとして保存する場合、改ざんされていないことを証明する要件がついてきますので、どんどん管理が煩雑化していきます。法改正への対応も、会計ソフトがアップデートで対応してくれますが、有料プラン限定となる可能性もあります。

  • 帳簿付けや確定申告の準備が自動化できる
  • 法改正にも会計ソフト側で対応してくれる

以上の理由から、初心者の方ほど有料会計ソフトを利用することをオススメします。

有料プランへの切り替えを見据えて選ぶ

『いきなり有料会計ソフトは抵抗がある』という方には、有料プランへの切り替えを見据えて選ぶのもオススメです。

今回紹介した中では、MFクラウド確定申告」なら、無料トライアル終了から無料プランへ切り替わります。無料プランになると、登録件数や機能の制限はありますが、継続利用することが可能です。

したがって、登録件数が足りなくなったり、確定申告が必要になったときに有料プランへ切り替えれば良いので、会計ソフト導入のハードルが下がります。

私も利用していますが、「MFクラウド確定申告」は、便利機能やサービス連携が豊富なので、帳簿付けのみならず経理に関する作業を自動化・簡略化することが出来るのでオススメです。

まとめ:会計ソフトは将来を見据えて選ぼう

無料会計ソフトが初心者にはオススメできない理由を説明してきました。

最も大きな理由としては、以下のものが挙げられます。

  • 銀行口座やクレジットカードとの連携による自動仕訳機能が使えない
  • その他、便利機能がなかったり、制限がかかる
  • 青色申告・確定申告機能が使えない

簿記に関する知識が少ない初心者の方ほど、上記のような自動化できる機能が重要となってきます

簿記をはじめ、経理に関して完璧に理解しようとすると、勉強時間が必要となり、それだけ本業に支障が出てきます。自動化することで最低限の知識があれば利用できますし、人的ミスも起こしづらくなります。

以上のことから、会計ソフトを無料利用することはオススメできません。

有料会計ソフトであれば、自動化できる便利機能が豊富にありますので、最低限の簿記に関する知識があれば利用できます。とはいえ、有料となると、導入するハードルが高く感じる方もいると思います。そのような方には、無料から利用できる「MFクラウド確定申告」がオススメです。有料プランも、月額880円(税込み)~利用可能ですので、切り替えもしやすくなっています。

会計ソフトは、何度も乗り換えると、データを移行したりなど面倒なことがあります。そういった意味でも、無料プランによる導入ハードルの低さ、有料プランの料金が安いことからもオススメです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

【主な投稿内容】
・システムエンジニア経験
 →サーバーサイドコーディングがメイン
・ブログ運営
 →ブログを複数運営中、月収は1~3万程度
 →特化ブログ:10ヵ月で15万PV/月、1年6ヵ月で24万PV/月達成
・NISAや暗号資産による投資活動
 →中長期的な投資がメイン
・日常生活で利用した商品やサービスのレビュー

以上について、私の体験をもとに情報発信を行っています。
趣味は、アニメやゲームを消化すること。

何かありましたら、問い合わせフォームよりご連絡ください。

目次
閉じる