【図解】SOLの入手(買い方)・Phantomへ送金する方法

アイキャッチ画像

SOLは、国内取引所、海外取引所のどちらでも入手可能です。ただし、国内でSOLを扱っているのは2022年6月時点で1ヵ所だけです。

ここでは、「バイナンス」を利用した方法を紹介していきます。

暗号資産の取り扱いは全て自己責任

私の体験に基づいて、暗号資産・NFTに関する情報を発信していますが、結果を保証するものではありません。

当ブログからのリンクやバナーなどで移動したサイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。また、当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

暗号資産・NFT投資による損失は、全て自己責任となりますので、慎重に取引を行ってください。

目次

SOLの入手方法(買い方)

SOLをバイナンスで入手する方法は至って簡単、他の国内で入手できない暗号資産を購入するときも同じ手順です。

  1. 国内取引所で暗号資産を購入する
    →手数料の安い「XRP(リップル)」がオススメ
  2. 暗号資産をバイナンスへ送金する
  3. バイナンスで「SOL」へ変換する

詳しい手順について紹介していきます。

国内取引所の口座開設・暗号資産の購入

国内取引所はいくつかありますが、私も利用しているコインチェックは、初心者でも使いやすいインターフェースとなっています。

東証一部上場のマネックスグループが親会社となっており、不正取引の防止にも努めているので安心して利用できます。

バイナンスの口座開設・国内取引所から暗号資産を送金

バイナンスの口座開設や暗号資産を送金する方法は、以下の記事で紹介しています。

特に、送金の設定を間違えて実行してしまうと、暗号資産を消失する恐れがありますので、慎重に行ってください。

バイナンスでSOLへ変換する

コンバート画面から、SOLへの変換を行います。

  • 振替元
    送金した暗号資産の通貨
  • 振替先
    SOL

通貨の選択を間違えないように気を付けてください。間違えたとしてもコンバートし直せますが、余計な手数料がかかってしまいますので。

コンバートを実行したら、SOLが入手できます。

Phantom(ファントムウォレット)への送金手順は次の見出しで紹介しますので、必要な方は読み進めてください。

コンバート

SOLをPhantomへ送金する方法

STEP
送金先アドレスをコピー

送金するには、宛先となるアドレスが必要となります。

Pahntomのウォレット画面を表示して、アドレスをクリックするとコピーできます。

ウォレットアドレス
STEP
送金情報を入力して実行する

「ウォレット>フィアットと現物」から送金画面を開き、送金に必要な情報を入力していきます。

  • 通貨
    SOLを選択します。
  • アドレス
    先ほどコピーしたPhantomのウォレットアドレスを入力します。
  • ネットワーク
    SOLを選択します。
    ※誤ったネットワークを選択すると、暗号資産を消失する恐れがありますので注意してください。
  • 金額
    送金したい金額を入力します。
送金
STEP
送金結果の確認

すぐ下の「出金状況」から送金が正しく行えたか確認できます。

「Completed」と表示されれば完了ですので、Phantomのウォレット残高が増えているか確認しましょう。

出金履歴

まとめ:送金の実行は慎重に行おう

バイナンスでSOLを入手・Phantomへ送金する方法を紹介してきました。

バイナンスは、独自の「BNB(バイナンスコイン)」を発行していますが、SOLを始め様々な通貨を入手できます。

「国内取引所→バイナンス→Phantom」と送金を繰り返すことになりますが、送金情報を間違えると消失する恐れがありますので、十分に注意して取引を行っていきましょう

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

【主な投稿内容】
・システムエンジニア経験
 →サーバーサイドコーディングがメイン
・ブログ運営
 →ブログを複数運営中、月収は1~3万程度
 →特化ブログ:10ヵ月で15万PV/月、1年6ヵ月で24万PV/月達成
・NISAや暗号資産による投資活動
 →中長期的な投資がメイン
・日常生活で利用した商品やサービスのレビュー

以上について、私の体験をもとに情報発信を行っています。
趣味は、アニメやゲームを消化すること。

何かありましたら、問い合わせフォームよりご連絡ください。

目次
閉じる