【WAXウォレットの使い方】WAXブロックチェーンのゲーム・マーケットを利用する準備

アイキャッチ画像

WAXブロックチェーンのゲームやマーケットを利用するには、WAXウォレットアカウントの作成が必要です。また、アカウント作成に必要となるWAXPは、国内取引所で扱っていないため、海外取引所も利用することになります。

口座開設から順を追って説明していきますので、参考にご覧ください。

暗号資産の取り扱いは全て自己責任

私の体験に基づいて、暗号資産・NFTに関する情報を発信していますが、結果を保証するものではありません。

当ブログからのリンクやバナーなどで移動したサイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。また、当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

暗号資産・NFT投資による損失は、全て自己責任となりますので、慎重に取引を行ってください。

目次

WAXウォレット(アカウント)を作成するまでのやり方

国内取引所で口座開設・暗号資産を購入する

国内取引所はいくつかありますが、私も利用しているコインチェックは、初心者でも使いやすいインターフェースとなっています。

東証一部上場のマネックスグループが親会社となっており、不正取引の防止にも努めているので安心して利用できます。

海外取引所で口座開設・暗号資産を送金する

WAXで取引を行うために必要なWAXPは、国内では取引できません。したがって、WAXPが扱える海外取引所が必要となります。

海外取引所の中では、取引数が最大級のバイナンスがオススメです。独自のBSC(バイナンスのブロックチェーン)を始め、様々なブロックチェーンを利用する場合にも重宝するので、ブロックチェーンによる取引を始めるなら必須ともいえるほどです。

本記事中では、バイナンスを利用して説明していきます。

WAXウォレットアカウントを作成する

all-access.wax.ioへアクセスすると、アカウント作成が始まります。

STEP
アカウント連携する

GoogleやTwitterなど、各種サービスと連携することが可能です。お好きなサービスを選んで先に進みましょう。

アカウント連携
STEP
規約に同意する

以下の項目にチェックを入れて、「Accept and Continue」をクリックします。

  • 規約へ同意するか
  • 18歳以上であるか
規約同意
STEP
WAXPの送金

ウォレットアカウントの作成を完了するために、5WAXPを送金します。

  • Funding Address
  • Memo

送金するときに、以上2つの情報を入力しますので、ブラウザ(タブ)は閉じないでください。

WAXP送金
STEP
バイナンスでWAXPを購入する

バイナンスでWAXPを購入します。

コンバート画面から「振替先:WAXP」を選択してコンバートを実行します。

WAXPにコンバート
STEP
WAXPを送金する

ここで、ウォレットアカウント作成中に表示された2つの項目が必要となります。

以下のように入力して送金を実行します。
入力を間違えると送金が正しく行われませんので、しっかり確認してから送金を行ってください。また、ここで送金したWAXPは残高となるわけではありませんので、必要以上に送金しないように注意してください。

  • 通関の種類
    WAXP
  • アドレス
    Funding Addressで表示されていた文字
  • MEMO
    Memoで表示されていた文字
  • 金額
    受取額が5WAXPとなるようにする
WAXPを送金
STEP
WAXウォレットへログイン

送金が正常に行われると、ウォレットアカウント作成をしていた画面からログインが行われます。

これでWAXブロックチェーンを利用するための準備は終わりです。これ以降は、wallet.wax.ioにアクセスするとログインが行われます。

WAXPを送金完了

WAX Cloud Walletの使い方

簡単に使い方を紹介します。

  1. ウォレットアドレス
    「~.wam」という文字列がウォレットを示すアドレスです。入金するときは、このアドレスへ送金します。
  2. 送金
    WAXウォレットから送金を行います。
  3. 入金
    入金(他の口座から送金)するためのQRコードを表示します。
  4. リソース
    WAXブロックチェーンの特徴的な機能となっており、詳しくは次の見出しで説明します。
  5. WAXPの購入
    WAXPを購入します。クレジットカードやイーサリアムで購入できますが、手数料が高いのであまりオススメはしません。
  6. アプリリスト
    WAXブロックチェーンアプリへアクセスできます。
WAXウォレット

リソースを得るためにステーキングする

WAXブロックチェーンでは、トランザクション(取引)を実行する時に、リソースを消費します。リソースが足りない場合、トランザクションの実行に失敗して、取引を行えません。

リソースを拡張するには、WAXPをステーキングする必要があり、ステーキングした量に応じて拡張されます。

  • CPU
  • NET
  • RAM

以上3つのリソースがあり、それぞれにWAXPをステーキングします。
RAMに関しては、ステーキングではなく購入扱いです。

トランザクションに度々失敗するようなら、いずれかのリソースが足りていないことが原因の場合が多いです。

NETやRAMは少量でも十分な効果が得られますので、少しずつ投入しましょう。

一番不足しやすいのがCPUであり、仕組みまでは分かりませんが、時間によって使用可能な量が変動します。個人的な見解ですが、ステーキングしている量が多い人へ優先してリソースを分配しているのではないかと思われます。こちらも、足りなくなったら随時WAXPを投入していきましょう。

リソースの拡張

まとめ:WAXはリソースの管理が複雑

WAXブロックチェーンを利用するまでの手順について紹介してきました。

  • 国内取引所の口座開設
  • 暗号資産を購入
  • 海外取引所の口座開設
  • 国内取引所→海外取引所へ暗号資産を送金
  • 海外取引所でWAXPを購入
  • WAXウォレットアカウントを作成
    →アカウント作成時に5WAXPを送金
  • リソースにWAXPをステーキング

以上の流れでWAXブロックチェーンを利用するための準備が完了します。

WAXブロックチェーンで特徴的なのは、リソースという概念です。

トランザクション(取引)を実行するには、リソースの消費が必要で、リソースを高めるためにWAXPのステーキングを行うことになります。

多少の取引を行うだけであれば、それほど多くのWAXPをステーキングする必要はありません。しかし、ゲームのように頻繁にトランザクションが発生する場合は、それなりにまとまった量をステーキングしなければなりません。

どれだけの取引を行うのかを基準にして、必要なWAXPを用意しておきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

【主な投稿内容】
・システムエンジニア経験
 →サーバーサイドコーディングがメイン
・ブログ運営
 →ブログを複数運営中、月収は1~3万程度
 →特化ブログ:10ヵ月で15万PV/月、1年6ヵ月で24万PV/月達成
・NISAや暗号資産による投資活動
 →中長期的な投資がメイン
・日常生活で利用した商品やサービスのレビュー

以上について、私の体験をもとに情報発信を行っています。
趣味は、アニメやゲームを消化すること。

何かありましたら、問い合わせフォームよりご連絡ください。

目次
閉じる