Polygon(MATIC)を入手する2つの方法【安い買い方も紹介】

アイキャッチ画像

Polygonネットワーク上のアプリを利用する際に必要となるのが、「Polygon(MATIC)」です。しかし、国内取引所では扱っていないため入手できません。

主な入手方法として2つの方法があります。

  • 別の暗号資産から変換する
  • 海外取引所で入手する

それぞれの手順に加えて、「Polygon(MATIC)」をお得に入手する方法を紹介していきます。
いずれの方法でも、誤った手順で実施すると暗号資産を消失する恐れがありますので、慎重に行ってください。

暗号資産の取り扱いは全て自己責任

私の体験に基づいて、暗号資産・NFTに関する情報を発信していますが、結果を保証するものではありません。

当ブログからのリンクやバナーなどで移動したサイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。また、当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

暗号資産・NFT投資による損失は、全て自己責任となりますので、慎重に取引を行ってください。

目次

Polygon(MATIC)とは?必要性は?

まず、PolygonとはEthereumから派生したネットワークであり、大きな違いは「取引のパフォーマンス」です。Ethereumは大規模な市場となっていますが、取引にかかるコストが高く、手数料もそれだけ高額になっています。

Plygonネットワークを利用することで、コストを大幅に削減。手数料もわずかになります。これにより、Polygonネットワーク上で動くアプリが増えてきています。

Poygonネットワーク上で必要になるのが「Polygon(MATIC)」であり、取引や手数料の支払いに利用します。

したがって、Polygonネットワーク上で動作するアプリを利用する際には、必ず「MATIC」を用意しておく必要があります。

Polygon(MATIC)の入手方法は2通り

まずは、2つの方法の違いだけ説明していきます。それぞれのメリット・デメリットを理解して、好きな方法で「MATIC」を入手しましょう。

取引所の口座やウォレットも必要となりますが、これらの開設方法や使い方は次の見出しで紹介していきますので、どちらの方法が良いのか考えながら読み進めてみてください。

国内取引所からETH(イーサリアム)を購入する方法(メリット:手順が簡単、デメリット:手数料が高い)

  1. 国内取引所でETH(イーサリアム)を購入する
  2. メタマスクなどのウォレットに送金する
  3. Polygon Walletで「Polygon(MATIC)」に変換する

手順としては以上で、「国内取引所の口座」「ウォレット」の2つがあれば、「Polygon(MATIC)」を入手できます。ただし、最初にもお話した通り、Ethereumネットワークを利用すると手数料が高い(数千円ほど)点がデメリットです。

手数料を抑えたい場合は、次の方法がオススメです。実際に私が利用しているのも次の方法です。

海外取引所バイナンスを経由する方法(メリット:手数料が安い、デメリット:手順が複雑)

  • 国内取引所でXRP(リップル)を購入する
  • 海外取引所バイナンスへ送金する
  • バイナンスで「Polygon(MATIC)」へ変換する
  • メタマスクなどのウォレットに送金する

海外取引所であるバイナンスでは、「Polygon(MATIC)」を購入することが可能です。

資金を用意するために、バイナンス口座へ送金する必要があるわけですが、XRP(リップル)を利用します。というのも、送金にかかる手数料が少ない(数十円ほど)ためです。

一つ前の方法と比較すると、ETH(イーサリアム)を送金しなくても良くなるため、手数料を抑えられるという仕組みです。

バイナンス自体は、海外取引所の中でも利用者の多い有名な取引所ですが、日本で認可されていないことがデメリットです。

実際、私も含めて日本人でも利用している方は多いです。しかし、どんなサービスを利用していてもトラブルに巻き込まれる可能性はゼロではなく、日本で認可されていないということは全て自己責任となる点に注意が必要です。

海外取引所を利用することに不安を感じる方は、一つ前に紹介した方法で「Polygon(MATIC)」を入手しましょう。

取引所の口座やウォレットを用意する

どちらの方法でも必須となるもの

国内取引所の口座開設・資金となる暗号資産の購入

国内取引所はいくつかありますが、私も利用しているコインチェックは、初心者でも使いやすいインターフェースとなっています。

東証一部上場のマネックスグループが親会社となっており、不正取引の防止にも努めているので安心して利用できます。

ウォレットの作成・ネットワークやトークンの設定

メタマスクの初期設定やPolygon(MATIC)を表示させる方法は、以下2つの記事で紹介しています。

メタマスクの初期設定
Polygon(MATIC)を表示させる方法

国内取引所からETH(イーサリアム)を購入する方法で必要となるもの

Polygon Walletで「Polygon(MATIC)」へ変換する方法

Polygon Walletの使い方は、以下の記事で紹介しています。

海外取引所バイナンスを経由する方法で必要となるもの

バイナンスの口座開設・暗号資産の送金

バイナンスの口座開設や国内取引所から送金する方法は、以下の記事で説明しています。

バイナンスでPolygon(MATIC)を入手する方法

バイナンスでPolygon(MATIC)を入手する方法やメタマスクへ送金する方法は、以下の記事で説明しています。

まとめ:バイナンスを活用するとお得

Polygon(MATIC)2つの入手方法を紹介してきました。

それぞれメリット・デメリットがありますので、納得のできる方法でPolygon(MATIC)を入手しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

【主な投稿内容】
・システムエンジニア経験
 →サーバーサイドコーディングがメイン
・ブログ運営
 →ブログを複数運営中、月収は1~3万程度
 →特化ブログ:10ヵ月で15万PV/月、1年6ヵ月で24万PV/月達成
・NISAや暗号資産による投資活動
 →中長期的な投資がメイン
・日常生活で利用した商品やサービスのレビュー

以上について、私の体験をもとに情報発信を行っています。
趣味は、アニメやゲームを消化すること。

何かありましたら、問い合わせフォームよりご連絡ください。

目次
閉じる